コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: 【Portrait of a Barista】井川 鉄平/ 用賀店

【Portrait of a Barista】井川 鉄平/ 用賀店

【Portrait of a Barista】井川 鉄平/ 用賀店

ウッドベリースタッフのオリジンや内面に迫る「PORTRAIT OF A BARISTA」
今回は用賀店で店長を務める井川さんに、6つの質問を答えていただきました。

 

 

Q1 生まれ育った街について教えてください。

生まれ故郷はここ、用賀です。地元の小中学校に通い、大学進学後にいちど新潟に移りました。子どものころは団地で鬼ごっこをしたり、サッカーをしたり。駒沢公園に20人くらい集まって「大規模缶蹴り」をしたのもよく覚えています。

都会的な部分と住みやすい部分がちょうどよくミックスされているのが用賀のいいところです。暮らしやすさとワクワク、日常とちょっとした贅沢が共存している街といってもいいかもしれません。もちろん、いま用賀で働けていることもこの街が好きであることの理由のひとつですね。

Q2 バリスタを目指したきっかけは?

勉強をする際にドリップバッグのコーヒーを淹れていたのですが、自分だけ飲むのも気が引けて家族5人ぶんのコーヒーを用意するうちに、それが週末の朝のルーティンになっていました。高校に進学し、あるカフェがコーヒーの淹れ方を紹介しているのをテレビで見たことがきっかけで、そのころちょうど駅前にできたカルディに豆と道具を買いにいきました。

じつは、新潟で大学院に在籍しているときに体調を大きく崩してなにも手につかなくなってしまったことがあります。実家にもどって療養していたときに「家族のためにコーヒーを淹れる」というルーティンがもどってきたんです。「みんな飲むよー!」といって家族が集まって、他愛のない会話が始まる。そうした時間をもてたことが体調の快復につながりました。そして自分がコーヒーをとおして得た時間や空間、気持ちを人と共有できたら素敵だなと思い、バリスタを目指すことにしたんです。

当時はウッドベリーのことは知らず、高校生のときにテレビでみたカフェを訪れてみました。事情を話すと「用賀出身なら素敵なお店があるよ」と教えてくれたのがウッドベリーコーヒーでした。

 

 

 

 

Q3 好きなコーヒー豆を教えてください。

ぼくにとって大事なコーヒーはいくつかありますが、エルサルバドル/ミレイディ農園はひときわ特別です。ミレイディは、ぼくが入社したときから社長が話していた「ダイレクトトレード」という夢が叶ったという意味でも記念碑的なコーヒーです。

しかし、それだけではないんです。ウッドベリーが現地を訪れたのが2022年の2月で、その数ヵ月後に農園主のエベル・ディアスさんが亡くなってしまったんです。まだ30代半ばであまりにも突然のことでした。いてもたってもいられず、すぐにクラウドファンディングを立ち上げて支援を行いました。

訃報を聞いたとき、ぼくにはどうしても他人事だとは思えませんでした。だからこそ今年の2月にふたたび農園を訪れたスタッフから、奥さまが引き継いだ農園の様子を聞いたときは本当に嬉しかったです。そのうえ今年のCOE(カップ・オブ・エクセレンス)という品評会で1位を獲得したという報せを受けとり、飛びあがるほどの喜びを感じました。エベル・ディアスさんがご存命だった2021年につづく2度目の受賞で、ご家族が農園と意志を継いで1位に返り咲いたわけです。そんな目頭が熱くなるような物語がミレイディのコーヒーには詰まっています。



Q4 いまハマっているカルチャー(本や音楽、映画など)を教えてください。

先日、RESOLUTE(リゾルト)というブランドのフィッティングイベントに行き、人生で初めて本格的なジーンズを買いました。デザイナーの林(芳亨)さんが身体にあうジーンズを選んでくださり、手入れの仕方や穿きこむことで表れる変化についても教えてもらって一瞬で虜になりました。飾らない人柄で、ポケットの内側に日付とぼくの名前を書いたサインまでいただき、「これでいつから穿いているかわかるだろ。たくさん穿いて、たくさん洗ってな!」と送りだしてくれて。痺れますよね。

 



Q5 お店での流儀・ポリシーを教えてください。

誰よりもコーヒーについて話す人でありたいです。ぼくは、自分の体調がよくなるきっかけをもらったコーヒーに恩返しをしたいとずっと思っているんです。その答えはまだ探している最中ですが、いまは海の向こうにいる生産者の情熱やこだわり、人柄をお客様にお伝えすることが大事なことだと思っています。話すことは緊張することもあれば、勇気が必要なことでもありますが、どんなお客様にも自分の言葉で説明することで一杯のコーヒーをとおして農園の努力や働いている方々に想いを馳せていただけるようなきっかけを作り、情熱のバトンをしっかり繋いでゆくことをポリシーとしています。

Q6 これからの未来のためにしていることは?

身の上話をするのはたいへん恐縮ですが、結婚を考えている人がいるので指輪を買うために貯金をしています。できるだけはやいうちに「どうだ~!くらえ~~!!」って(笑)。はやく指輪を見せたいです!

 

オリジナルマガジン "Pneuma" ISSUE14 より抜粋

read more

記事を読む

【6月のおすすめ】グアテマラ エル・コロリド ドライウォッシュドアナエロビック
Monthly Recommended

【6月のおすすめ】グアテマラ エル・コロリド ドライウォッシュドアナエロビック

  今回は6月から発売開始の「グアテマラ / エル・コロリド ウォッシュドアナエロビック」をご紹介します。2年目となる「エル・コロリド」プロジェクトで作成した、オリジナル発酵プロセスのコーヒーになります。エル・コロリドのコンセプトである"生産処理によるさまざまな彩り(味わい)"を、ぜひお楽しみください。   自社農園プロジェクト「エル・コロリド」については、こちらのマガジンでも紹介していま...

もっと見る
ブランド初となるベイクショップ「WOODBERRY BAKERY」がオープンしました。
News

ブランド初となるベイクショップ「WOODBERRY BAKERY」がオープンしました。

このたびウッドベリーコーヒーは、焼き菓子の生産拠点も兼ねた、ブランド初となるベイクショップ「ウッドベリーベーカリー」(所在地:東京都渋谷区東2丁目18−7)をオープンいたしました。  【「街の公園」のような開放的で自由な空間】     ウッドベリーベーカリーは、渋谷駅・恵比寿駅より徒歩12分、2019年オープンの渋谷店と目と鼻の先の「東2丁目」・明治通り沿いに店を構えます。空間デザインは「街...

もっと見る
【5月のおすすめ】エルサルバドル ミレイディ パカマラ
Monthly Recommended

【5月のおすすめ】エルサルバドル ミレイディ パカマラ

今回は5月より販売の「エルサルバドル / ミレイディ」農園のパカマラ種ウォッシュドアプロセスのコーヒーをご紹介します。私たちがエルサルバドルを初めて訪問したとき(2022年)に出会ったミレイディ農園は、トロピカルフルーツを思わせるフレーバーとクリーミーなマウスフィールをもち、パカマラらしい味わいをしたユニークなコーヒーだと感じています。私たちにとっては、パカマラといえばミレイディ農園といって...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.6】3年目の旅路
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.6】3年目の旅路

これまで、私たちウッドベリーコーヒーがおこなっているエルサルバドルとのダイレクトトレードの歩みを5回にわけてお伝えして参りました。「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指して2022年に始まったダイレクトトレードも、この2月(2024年)に3年目を迎え、またひとつ歩みを進めることができました。今回は特別篇として、買いつけから帰国したばかりのフレッシュなストーリーをお届けします。 ...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.5】「続ける」ことでみえる景色
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.5】「続ける」ことでみえる景色

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがおこ...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.4】6つの生産地域とパカマラ種
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.4】6つの生産地域とパカマラ種

 私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.3】エルサルバドルコーヒーとトレンドの転換期
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.3】エルサルバドルコーヒーとトレンドの転換期

 私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.2】コーヒーが国をつくった─エルサルバドルのコーヒー産業の歴史
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.2】コーヒーが国をつくった─エルサルバドルのコーヒー産業の歴史

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.1】ダイレクトトレード─夢に向かって
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.1】ダイレクトトレード─夢に向かって

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
c5dfef4ffca6ca82a4b7d91de4d5809e4501021a63b0cc99c9b0ab479b793206