コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: 【1月のおすすめ】エルサルバドル トレス・ポソス ゲイシャ

【1月のおすすめ】エルサルバドル トレス・ポソス ゲイシャ

【1月のおすすめ】エルサルバドル トレス・ポソス ゲイシャ

新年最初のおすすめ商品は、1月より新たに販売開始しました「エルサルバドル / トレス・ポソス」のゲイシャ種ナチュラルアナエロビックのコーヒーです。一昨年からスタートしたエルサルバドルとのダイレクトトレードにて、取り引き2年目となる思い入れのある農園になります。

 

<トレス・ポソス農園の基本情報>

  • 生産国:エルサルバドル
  • 地域:アロテペック・メタパン
  • 生産者:アルマンド&ロサーナ グアルダード
  • 標高:1,650 m
  • 品種:ゲイシャ
  • プロセス:ナチュラルアナエロビック

 

<木を「休ませる」こだわりのコーヒー栽培>

トレス・ポソスは、北西部のアロテペックメタパン地域に属しています。 肥沃な火山性土壌、そして乾季と雨季がはっきりとしたテロワールを有し、パカマラ品種の栽培に適したエリアと言われています。実際にトレス・ポソスでもパカマラ品種の育成には力を入れていますが、栽培が難しいと言われるゲイシャ種の育成にも取り組んでおり、パカマラ種同様に素晴らしい品質に育てあげています。
この素晴らしい品質の裏側には、農園主のアルマンドさんの行う、独自の栽培管理方法が一役買っているように思います。その方法とは、収穫時期のコーヒーの木を「休ませる」ということ。通常コーヒーの木は、収穫期に3度に分けて実を付けるのですが、そのうち1回をあえて収穫しないことでコーヒーの木を休ませるという手法を取っているそうです。 これよりコーヒーの木が疲れることなく、安定した品質のコーヒーチェリーが作れると、現地を訪れた際、農園主のアルマンドさんは語っていました。

<2023年の新たな取り組み「ナチュラルアナエロビック」プロセス>

2023年2月に再び農園を訪れた際、前年と比較していくつかの変化がありました。
ひとつ目はアナエロビックファーメンテーションのプロセスを取り入れ始めたところです。これは、アルマンドさんとのInstagramでのやりとりで事前に知ってはいたのですが、訪れた際に「アナエロビックプロセスのサンプルができたよ。ぜひフィードバックが欲しい。」と直接渡された時はうれしかったです。
今回はまさにそのアナエロビックプロセスで作られたゲイシャ種のコーヒーになります。低温で94時間(4日間)じっくりと時間をかけた発酵は、華やかで奥行きのあるフローラルフレーバーの形成に寄与しているように感じます。加えて、以前より標高の高い場所にドライミルが新設されており、乾燥がゆっくりと均一に進むことで、ばらつきの少ない綺麗な味わいに仕上がっているように感じます。

 

 

<トレス・ポソス ゲイシャの美味しい淹れ方ガイド>

今年のトレスポソス農園のゲイシャ種は華やかなフレーバーも特徴的ですが、ゲイシャ種ではあまりみられない厚みのある口当たりも特徴的です。この2つを感じていただけるようにレシピを作成してみました。

 

 

  • 使用器具:TIMEMORE クリスタルアイ B75
  • 水:南アルプスの天然水
  • 粉量:16g Timemore C3 #23クリック
  • 湯量:250g 95℃

 

  1. ドリッパーに16gの中挽きのコーヒーをセットします。
  2. タイマーをスタートさせ、60gまでお湯を注ぎます。
  3. タイマーが0’45になったら130g。
  4. タイマーが1’30になったら190g。
  5. タイマーが2’00になったら250g。
  6. ドリッパー内のお湯が落ち切ったら抽出終了です。

 

フラットベッド型でお湯抜けの早いドリッパーを使用することで、成分の均 一な抽出とお湯と粉の触れる時間の短縮をおこない、綺麗なフレーバーを実現しています。ただ、そのままでは質感が薄くなってしまうため、粉とお湯の比率を高くし湯温もあげています。
まろやかな口当たりを感じつつ、鼻に抜けるローズヒップのような華やかな香りをお楽しみいただければと思います。

read more

記事を読む

【6月のおすすめ】グアテマラ エル・コロリド ドライウォッシュドアナエロビック
Monthly Recommended

【6月のおすすめ】グアテマラ エル・コロリド ドライウォッシュドアナエロビック

  今回は6月から発売開始の「グアテマラ / エル・コロリド ウォッシュドアナエロビック」をご紹介します。2年目となる「エル・コロリド」プロジェクトで作成した、オリジナル発酵プロセスのコーヒーになります。エル・コロリドのコンセプトである"生産処理によるさまざまな彩り(味わい)"を、ぜひお楽しみください。   自社農園プロジェクト「エル・コロリド」については、こちらのマガジンでも紹介していま...

もっと見る
ブランド初となるベイクショップ「WOODBERRY BAKERY」がオープンしました。
News

ブランド初となるベイクショップ「WOODBERRY BAKERY」がオープンしました。

このたびウッドベリーコーヒーは、焼き菓子の生産拠点も兼ねた、ブランド初となるベイクショップ「ウッドベリーベーカリー」(所在地:東京都渋谷区東2丁目18−7)をオープンいたしました。  【「街の公園」のような開放的で自由な空間】     ウッドベリーベーカリーは、渋谷駅・恵比寿駅より徒歩12分、2019年オープンの渋谷店と目と鼻の先の「東2丁目」・明治通り沿いに店を構えます。空間デザインは「街...

もっと見る
【5月のおすすめ】エルサルバドル ミレイディ パカマラ
Monthly Recommended

【5月のおすすめ】エルサルバドル ミレイディ パカマラ

今回は5月より販売の「エルサルバドル / ミレイディ」農園のパカマラ種ウォッシュドアプロセスのコーヒーをご紹介します。私たちがエルサルバドルを初めて訪問したとき(2022年)に出会ったミレイディ農園は、トロピカルフルーツを思わせるフレーバーとクリーミーなマウスフィールをもち、パカマラらしい味わいをしたユニークなコーヒーだと感じています。私たちにとっては、パカマラといえばミレイディ農園といって...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.6】3年目の旅路
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.6】3年目の旅路

これまで、私たちウッドベリーコーヒーがおこなっているエルサルバドルとのダイレクトトレードの歩みを5回にわけてお伝えして参りました。「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指して2022年に始まったダイレクトトレードも、この2月(2024年)に3年目を迎え、またひとつ歩みを進めることができました。今回は特別篇として、買いつけから帰国したばかりのフレッシュなストーリーをお届けします。 ...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.5】「続ける」ことでみえる景色
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.5】「続ける」ことでみえる景色

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがおこ...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.4】6つの生産地域とパカマラ種
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.4】6つの生産地域とパカマラ種

 私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.3】エルサルバドルコーヒーとトレンドの転換期
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.3】エルサルバドルコーヒーとトレンドの転換期

 私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.2】コーヒーが国をつくった─エルサルバドルのコーヒー産業の歴史
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.2】コーヒーが国をつくった─エルサルバドルのコーヒー産業の歴史

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.1】ダイレクトトレード─夢に向かって
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.1】ダイレクトトレード─夢に向かって

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
c5dfef4ffca6ca82a4b7d91de4d5809e4501021a63b0cc99c9b0ab479b793206