コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: 【Portrait of a Barista】小林 春奈/ 用賀店

【Portrait of a Barista】小林 春奈/ 用賀店

【Portrait of a Barista】小林 春奈/ 用賀店

ウッドベリースタッフのオリジンや内面に迫る「PORTRAIT OF A BARISTA」
今回は用賀店ではたらくバリスタ小林さんに、6つの質問を答えていただきました。

 

 

Q1 生まれ育った街について教えてください。

出身も、いま住んでいる場所も東京都世田谷区用賀です。都心に近いけど都会すぎないという絶妙なバランス感が住み心地いい街だと思っています。商店街には個人店が多く、いつも新しい発見があります。住んでいて飽きない、ずっとここにいたくなるような街です。
用賀店は、地元のお客様がとても多くいらっしゃいます。例えば家族連れでお越しになった常連のお客様から「今度、○○小学校に入学するんです」という話を聞いて、それが私の母校だったということもありました。みなさん、コーヒーを買いにきてくださるお客様ですが、すごく身近に感じられたり、大きなファミリー感があるようなところは地元ならではだと思います。

Q2 バリスタを目指したきっかけは?

私は外国語大学出身のため、ゆくゆくはワーキングホリデーで海外にいきたい、カフェで働いてみたいと漠然と考えていました。当時、用賀にもう一店舗あったコーヒースタンドでドーナッツとラテを買ったりしていたので、試しに母と一緒に本店にいったことが入社のきっかけでした。オーナーの武蔵さんが淹れてくれたラテがすごくおいしかったのが印象的でした。お店の雰囲気も落ち着いていて、農園の話もしてくれました。ここでならやっていけそうだと感じて応募することに決めました。

まったくの未経験で入社したので本当に大変でした。ブラックコーヒーにも、アメリカーノやドリップ、コールドブリューと何種類もあって、ドリップとエスプレッソでコーヒーの挽き目がちがう。そんなこともわからず、一方で働いているメンバーはプロフェッショナルな方が多かったので、追いつくのに必死でした。

自分が淹れるコーヒーに自信がついてからは、また別の大変さがあります。いまは地球の裏側で働くコーヒー生産者の方々に対して自分ができることは何かを日々考えつづけています。そのためにも、お客様にもっと身近に感じていただき、興味を持ってもらえるようなエピソードの伝え方を試行錯誤しています。

 

 


Q3 好きなコーヒー豆を教えてください。

いちばん好きなのは、ルワンダのレメラ、ナチュラルプロセスです。2019年の夏に入社したときに販売されていて、浅煎りのコーヒー豆のラテが甘いんだということを初めて感じられた豆でした。アフリカの豆らしく強い酸味を持った豆なので、ブラックだと冷めたときに飲み疲れしてしまうこともありますが、ラテにすることで牛乳が丸くやわらげてくれるため、より甘さを楽しめると思います。
ルワンダの豆には「ポテトフレーバー」と呼ばれる、ジャガイモのような異臭を放つ欠点豆が混ざることがあります。見た目からは判別できず、混入しているかどうか挽くまでわからないため、提供する度にチェックしなければいけません。手間のかかる子ほどかわいい、ではないですが、そうした手間込みで愛らしくて好きな豆です。それこそ必死に努力していたときに飲んだ豆なので、いまでもルワンダのナチュラルが販売されることを願っています。

Q4 いまハマっているカルチャー(本や音楽、映画など)を教えてください。

最近はダスティン・リンチというカントリー・アーティストの『Blue In The Sky』(2022年)にハマっています。代官山店で働いていたときに、BGMで「Thinking 'Bout You(feat. Lauren Alaina)」(2021年)が流れてきて知りました。あたたかくなってきたので、のどなか感じの曲をよく聴いています。
用賀店では、入社したてのスタッフの最初の仕事のひとつとして「レコードが止まったら誰よりも先に変える」というものがあります。それから自分でもレコードを聴くようになり、いまでは気に入ったアルバムのレコードを探して買うことが趣味になっています。

 

 


Q5 最近食べておいしかったものは?

用賀の山本屋の焼き鳥。おいしいと聞いていたのですが、看板も出ていないようなお店で、近くまで行ってみたら煙が出ていたので入ってみました。生の黒コショウが間に挟まれているササミが絶品で衝撃的でした。

 

Q6 これからの未来のためにしていることは?

用賀に住みつづけることです。未来にも、用賀についてローカルなことを知っている人が住んでいたらいいなと思っています。
常連のお客様で毎週ショートラテをふたつ買いにきてくれる5、60代の男性がいらっしゃいます。その方が、私の誕生日に「あそこの花屋に行って名前を伝えてみて」と言ってくださり、行ってみたらバラの花をくださって、毎日ちゃんと手入れをしたら一カ月も花が保ったんです。そういうふうに、自分で経験しない限りわからないような用賀のよさを、お客様が教えてくれることがあります。だから自分がおばあちゃんになったときに、ちょっと口うるさいけど地域のことをよく知っているような存在になれたら素敵だなと思います。

 

オリジナルマガジン COFFEE JOURNAL ISSUE11 より抜粋

read more

記事を読む

【6月のおすすめ】グアテマラ エル・コロリド ドライウォッシュドアナエロビック
Monthly Recommended

【6月のおすすめ】グアテマラ エル・コロリド ドライウォッシュドアナエロビック

  今回は6月から発売開始の「グアテマラ / エル・コロリド ウォッシュドアナエロビック」をご紹介します。2年目となる「エル・コロリド」プロジェクトで作成した、オリジナル発酵プロセスのコーヒーになります。エル・コロリドのコンセプトである"生産処理によるさまざまな彩り(味わい)"を、ぜひお楽しみください。   自社農園プロジェクト「エル・コロリド」については、こちらのマガジンでも紹介していま...

もっと見る
ブランド初となるベイクショップ「WOODBERRY BAKERY」がオープンしました。
News

ブランド初となるベイクショップ「WOODBERRY BAKERY」がオープンしました。

このたびウッドベリーコーヒーは、焼き菓子の生産拠点も兼ねた、ブランド初となるベイクショップ「ウッドベリーベーカリー」(所在地:東京都渋谷区東2丁目18−7)をオープンいたしました。  【「街の公園」のような開放的で自由な空間】     ウッドベリーベーカリーは、渋谷駅・恵比寿駅より徒歩12分、2019年オープンの渋谷店と目と鼻の先の「東2丁目」・明治通り沿いに店を構えます。空間デザインは「街...

もっと見る
【5月のおすすめ】エルサルバドル ミレイディ パカマラ
Monthly Recommended

【5月のおすすめ】エルサルバドル ミレイディ パカマラ

今回は5月より販売の「エルサルバドル / ミレイディ」農園のパカマラ種ウォッシュドアプロセスのコーヒーをご紹介します。私たちがエルサルバドルを初めて訪問したとき(2022年)に出会ったミレイディ農園は、トロピカルフルーツを思わせるフレーバーとクリーミーなマウスフィールをもち、パカマラらしい味わいをしたユニークなコーヒーだと感じています。私たちにとっては、パカマラといえばミレイディ農園といって...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.6】3年目の旅路
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.6】3年目の旅路

これまで、私たちウッドベリーコーヒーがおこなっているエルサルバドルとのダイレクトトレードの歩みを5回にわけてお伝えして参りました。「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指して2022年に始まったダイレクトトレードも、この2月(2024年)に3年目を迎え、またひとつ歩みを進めることができました。今回は特別篇として、買いつけから帰国したばかりのフレッシュなストーリーをお届けします。 ...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.5】「続ける」ことでみえる景色
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.5】「続ける」ことでみえる景色

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがおこ...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.4】6つの生産地域とパカマラ種
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.4】6つの生産地域とパカマラ種

 私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.3】エルサルバドルコーヒーとトレンドの転換期
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.3】エルサルバドルコーヒーとトレンドの転換期

 私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.2】コーヒーが国をつくった─エルサルバドルのコーヒー産業の歴史
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.2】コーヒーが国をつくった─エルサルバドルのコーヒー産業の歴史

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.1】ダイレクトトレード─夢に向かって
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.1】ダイレクトトレード─夢に向かって

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
c5dfef4ffca6ca82a4b7d91de4d5809e4501021a63b0cc99c9b0ab479b793206