コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: 【Portrait of a Barista】池田 舞美/ 渋谷店

【Portrait of a Barista】池田 舞美/ 渋谷店

【Portrait of a Barista】池田 舞美/ 渋谷店

ウッドベリースタッフのオリジンや内面に迫る「PORTRAIT OF A BARISTA」
今回は渋谷店でバリスタを務める池田さんに、6つの質問を答えていただきました。

 

 

Q1 生まれ育った街について教えてください。

生まれは大阪の堺市ですが、いわゆる転勤族で、大阪、神奈川、山口、また大阪とさまざまな土地を転々としました。二歳から小学五年生までを横浜で過ごしたため標準語で喋ることが多く「本当に大阪出身なの?」とよくいわれます。

でも、いちばん思い出があって、自分のルーツだと思えるのは山口県の萩市です。萩で暮らしたのは小学五年生の中頃から中学二年生のときまでなので、三年ちょっとのあいだだけでしたが、自然豊かな場所で暮らせたことがとてもいい体験として記憶に残っています。萩は城下町で、歴史のある町です。とてもきれいな海に面していて、おじいちゃんと釣りに行くとよく魚が釣れました。海も山もあって、いちばん好きな場所です。

 

Q2 バリスタを目指したきっかけは?

就職を機に東京に出てくるまでコーヒーの産地を気にしたことがなかったのですが、カフェ巡りをするようになって味わいのちがいを知ったことがきっかけでした。三軒茶屋にあるスペシャルティコーヒーのお店でおすすめされた浅煎りの豆が、すごくフルーティーでおいしかったんです。もともと酸味のあるコーヒーは好きではなかったので浅煎りを選ぶことはありませんでしたが、そこからコーヒーのおもしろさに気づいて、バリスタになりたいと思うようになりました。

ウッドベリーの用賀店にも、常連というほどではありませんが度々行っていました。そこで(井川)鉄平さんの接客に触れたことがウッドベリーで働いてみたいと思った理由です。前職では日本料理の仲居をしていたので、鉄平さんの情熱溢れる接客に「ホスピタリティを大切にする」という点で通じる部分を感じて、強く惹かれたんです。

 

 

Q3 好きなコーヒー豆を教えてください。

いちばん印象に残っているのは、コロンビア/エル・ミラドール農園のゲイシャ種です。先輩が淹れてくれたものを初めて飲んだとき、ジャスミンのような香りがパッとひろがって驚きました。豆を挽いた瞬間からいい香りがして、コーヒーなんだけど紅茶のような、すごく華やかな味でした。ドリップをしたときの淹れたての香りが忘れられません。

 

Q4 いまハマっているカルチャー(本や音楽、映画など)を教えてください。

読書が趣味で、いまは原田マハ『本日は、お日柄もよく』(徳間文庫、2013年)を読んでいます。選挙のスピーチライターを務めることになる女性が主人公で、言葉には人や世界を動かす力があるんだということを教えてくれる小説です。また、原田マハは美術にかんする小説をいくつか書いているので、それがきっかけで美術館にも行くようになりました。
ほかには伊坂幸太郎や東野圭吾などの小説を読みます。休みの日にカフェに行ってコーヒーとともに本を読む過ごし方がいちばん好きな時間かもしれません。

 

 

Q5 いま、あなたが淹れたコーヒーを一緒に飲みたい人は?

まずは転職をするときに「やりたいことがあれば追究してみればいい」と背中を押してくれた家族に飲んでもらいたいです。バリスタとして仕事をしはじめたころに一度飲んでもらっただけなので、もうすこしうまく淹れられるようになっているはずです。お店で働いているところを見られるのは恥ずかしいので、実家でゆっくりコーヒーを淹れて家族団らんの時間を過ごしたいです。

それから、コーヒーが苦手な、私の大切な人にも飲んでもらいたいです。飲むたびに「苦い」と言うその人にコーヒーのおいしさを知ってほしいなと思っています。一度、浅煎りでフルーティーなコーヒーを飲んでもらったときの反応はわるくなかったので、エル・ミラドールのようなお豆をいつか飲んでもらおうと企んでいます(笑)。

 

Q6 これからの未来のためにしていることは?

入社して渋谷店に配属されて、二年が経ちます。渋谷店はとくに海外からのお客様が多いので、英語の勉強をしています。

英語はむかしから苦手で、もっと豆や農園の説明をしっかりしたいと思っていても、なかなか言葉が出てこなくて歯がゆい思いをしています。でも、どちらかというと三日坊主のタイプなので「三日勉強したら一日休む」くらいのペースで中学生の文法から勉強しなおすことにしています(笑)。まだ決まったフレーズしか言えなくて悔しいので、フランクにコミュニケーションがとれるようになるためにがんばっています。

 

オリジナルマガジン "Pneuma" ISSUE17 より抜粋

read more

記事を読む

【6月のおすすめ】グアテマラ エル・コロリド ドライウォッシュドアナエロビック
Monthly Recommended

【6月のおすすめ】グアテマラ エル・コロリド ドライウォッシュドアナエロビック

  今回は6月から発売開始の「グアテマラ / エル・コロリド ウォッシュドアナエロビック」をご紹介します。2年目となる「エル・コロリド」プロジェクトで作成した、オリジナル発酵プロセスのコーヒーになります。エル・コロリドのコンセプトである"生産処理によるさまざまな彩り(味わい)"を、ぜひお楽しみください。   自社農園プロジェクト「エル・コロリド」については、こちらのマガジンでも紹介していま...

もっと見る
ブランド初となるベイクショップ「WOODBERRY BAKERY」がオープンしました。
News

ブランド初となるベイクショップ「WOODBERRY BAKERY」がオープンしました。

このたびウッドベリーコーヒーは、焼き菓子の生産拠点も兼ねた、ブランド初となるベイクショップ「ウッドベリーベーカリー」(所在地:東京都渋谷区東2丁目18−7)をオープンいたしました。  【「街の公園」のような開放的で自由な空間】     ウッドベリーベーカリーは、渋谷駅・恵比寿駅より徒歩12分、2019年オープンの渋谷店と目と鼻の先の「東2丁目」・明治通り沿いに店を構えます。空間デザインは「街...

もっと見る
【5月のおすすめ】エルサルバドル ミレイディ パカマラ
Monthly Recommended

【5月のおすすめ】エルサルバドル ミレイディ パカマラ

今回は5月より販売の「エルサルバドル / ミレイディ」農園のパカマラ種ウォッシュドアプロセスのコーヒーをご紹介します。私たちがエルサルバドルを初めて訪問したとき(2022年)に出会ったミレイディ農園は、トロピカルフルーツを思わせるフレーバーとクリーミーなマウスフィールをもち、パカマラらしい味わいをしたユニークなコーヒーだと感じています。私たちにとっては、パカマラといえばミレイディ農園といって...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.6】3年目の旅路
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.6】3年目の旅路

これまで、私たちウッドベリーコーヒーがおこなっているエルサルバドルとのダイレクトトレードの歩みを5回にわけてお伝えして参りました。「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指して2022年に始まったダイレクトトレードも、この2月(2024年)に3年目を迎え、またひとつ歩みを進めることができました。今回は特別篇として、買いつけから帰国したばかりのフレッシュなストーリーをお届けします。 ...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.5】「続ける」ことでみえる景色
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.5】「続ける」ことでみえる景色

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがおこ...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.4】6つの生産地域とパカマラ種
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.4】6つの生産地域とパカマラ種

 私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.3】エルサルバドルコーヒーとトレンドの転換期
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.3】エルサルバドルコーヒーとトレンドの転換期

 私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.2】コーヒーが国をつくった─エルサルバドルのコーヒー産業の歴史
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.2】コーヒーが国をつくった─エルサルバドルのコーヒー産業の歴史

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.1】ダイレクトトレード─夢に向かって
From Seed to Cup

【DIRECT TRADE WITH EL SALVADOR VOL.1】ダイレクトトレード─夢に向かって

私たちウッドベリーコーヒーは「コーヒーに携わるすべての人が豊かになること」を目指しています。【EPISODE OF EL COLORIDO】の連載で取りあげた「グアテマラ/エル・コロリド」もまた、その目標を実現するための取り組みのひとつでした。グアテマラを訪れた私たちはそして、もうひとつの夢であったダイレクトトレードをおこなうべく、エルサルバドルへと向かいました。 この連載では、私たちがお...

もっと見る
c5dfef4ffca6ca82a4b7d91de4d5809e4501021a63b0cc99c9b0ab479b793206