コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

エルサルバドル トレス・ポソス農園 ゲイシャ種 アナエロビックナチュラル

セール価格$516.00
サイズ:
挽き目:

味わいの特徴

ベリーやカラントを思わせる豊かな果実感と、ローズヒップのようなフローラルな味わいをお楽しみいただけます。また、余韻にはチョコレートのような甘さが感じられ、上品な味わいに仕上がっています。

気分を明るくしたいときや、大切な人と一緒にコーヒーを楽しみたいときに寄り添ってくれる、そんな一杯です。


感じられるフレーバー


コーヒー作りへの強い誇りと、品評会受賞に裏打ちされた品質へのこだわり

トレスポソス農園もエルサルバドルで農園訪問で伺った農園です。
農園主のアルマンドさんは「どんなに高値のオファーだとしても、自分のコーヒーをテイスティングしてない人には自分のコーヒーは売らない」と語ってくれました。 その言葉に私たちはアルマンドさんのコーヒーに対しての強い誇りと、品評会受賞に裏打ちされた品質へのこだわりを強く感じることができました。

自らの栽培するコーヒーに実直な愛を注ぐアルマンドさんですが、その栽培方法も"コーヒー愛"に満ち溢れたものでした。
通常コーヒーの木は、収穫期に3回収穫できますが、そのうち1回をあえて収穫しないことでコーヒーの木を休ませるという手法を取っています。 これによりコーヒーの木が疲れることなく、安定した品質のコーヒーチェリーが作れると農園主のアルマンドさんは語ってくれました。

コーヒーに限りない愛情を注ぐアルマンドさんと、品評会受賞という実績で応えるコーヒー農園に強く心打たれました。
ぜひ皆様にもこのコーヒーの味わいを楽しんでいただきたいと思います。


豊かな甘さのあるナチュラルプロセスのゲイシャコーヒー

トレスポソス農園は農園訪問で伺ったミレイディ農園と同じアロテペックメタパン地域に属しています。
エルサルバドルでは火山が多く、火山に沿ってコーヒー農園が形成されているのですが、肥沃な火山性土壌はコーヒーの育成に適しており、トレスポソス農園でも美味しいコーヒーが栽培されています。

同農園のパカマラ品種は農園訪問の際に、どの農園よりも美味しいと思わせてくれましたが、このゲイシャ品種も勝るとも劣らないとても美味しいコーヒーでした。
ローズヒップのようなフローラルフレーバーに、ベリーやカラントを思わせる果実のテイスト、そしてチョコレートのような豊かな甘さの余韻をお楽しみください。


2023年の新たな取り組み「ナチュラルアナエロビック」プロセス

2023年2月に再び農園を訪れた際、前年と比較していくつかの変化がありました。
そのひとつは、アナエロビックファーメンテーションのプロセスを取り入れ始めたところです。これは、アルマンドさんとのInstagramでのやりとりで事前に知ってはいたのですが、訪れた際に「アナエロビックプロセスのサンプルができたよ。 ぜひフィードバックが欲しい。」と直接渡された時はうれしかったです。

このコーヒーは、まさにそのアナエロビックプロセスで作られたゲイシャ種のコーヒーになります。
低温で94時間(4日間)じっくりと時間をかけた発酵は、華やかで奥行きのあるフローラルフレーバーの形成に寄与しているように感じます。
加えて、以前より標高の高い場所にドライミルが新設されており、乾燥がゆっくりと均一に進むことで、ばらつきの少ない綺麗な味わいに仕上がっているように感じます。

c5dfef4ffca6ca82a4b7d91de4d5809e4501021a63b0cc99c9b0ab479b793206